綿100%の入った布団は

寝具の中で毎日使うふとんはベット派布団派に分かれるとおもいますが布団派の方で敷布団はわたの入った布団でないとだめと言う方がいます。
ベット以外で使われる布団で敷布団として使用されているものでその布団の中をみるとやはり綿100%の敷布団が多いです日本人には綿の敷布団が合うのではないでしょうか 西川産業のムアツ布団や磁気マットレス・羊毛混の敷布団などまちまちではありますが綿の入った布団は寝ていて、もっとも落ち着く様な気がします
綿布団の場合、時々は日光に乾したりはしますが乾した後の布団がふわふわして気持ちよいという人が多いです 最近見直されてきたのが古い布団の再生です 昔からふとんの打ち返しと呼ばれていたものです、綿100%の布団の場合数年間使用するとどうしても布団の弾力がなくなります、又布団の側なども汚れてきますので打ち返しをして新しい布団に仕立て直しします、資源を無駄にしないと、年配の方を中心に根強い人気があります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。