寝具 羽毛布団

近年寝具は、布団の中に入れる綿は羽毛素材や羊毛素材が主流です、羽毛の一番優れているところは軽くて暖かいという事でしょう。主に北欧や中国など寒冷地に棲息する水鳥が原料ですから保温性が良く主に使われる掛け布団で中味が1,2キロから1.4キロの重さですから使用してもホントに軽いことが実感できます、又羽毛は保温性があるということは熱伝導が低いわけで冬は外気の冷たい温度から守り、逆に夏場は外の暑い気温から体を守ってくれるわけで正に天然のエアコンといって良いでしょう、このよううに寝具でも掛け布団に使用した時の羽毛は素晴らしいのですが敷き布団にはあまり向いているとはいえません、保温性に優れた羽毛も敷き布団にしようした場合人間の体重を加えると直ぐへたり敷き布団ととしては非常に不快になるでしょう、やはり羽毛を素材に布団にする場合は掛け布団にするのが良いでしょう。 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。