真綿布団のこと

寝具の中で最近あまり見かけなくなった布団に「真綿ふとん」があります。
戦前日本でも盛んに養蚕が行われていた頃蚕(かいこ)が作る繭玉(まゆだま)を1つ1つていねいに手で引き伸ばして、わた状にし、真綿を中わたにした布団は繭を紡ぎふとんを作りました 主に掛け布団にしたのですがとっても軽く暖かいそうです。繭の持つ天然のエアコンの作用で夏使用しても涼しく冬はとても暖かいもので、日本の伝統的な高級寝具として古くから使われてきました。そのよさは、吸湿・放湿性に優れて暖かく、肌沿いがよくてふんわり軽く、かさばらないこと。また、シルクのタンパク質で保湿性もあるなど、現代に多い悩みにうれしい特長もありますそして真綿のしなやかさ。ドレープ性もよく、体にぴったりフィットしてくれます。



>>寝具についてもっと見る<<



綿100%の入った布団は

寝具の中で毎日使うふとんはベット派布団派に分かれるとおもいますが布団派の方で敷布団はわたの入った布団でないとだめと言う方がいます。
ベット以外で使われる布団で敷布団として使用されているものでその布団の中をみるとやはり綿100%の敷布団が多いです日本人には綿の敷布団が合うのではないでしょうか 西川産業のムアツ布団や磁気マットレス・羊毛混の敷布団などまちまちではありますが綿の入った布団は寝ていて、もっとも落ち着く様な気がします
綿布団の場合、時々は日光に乾したりはしますが乾した後の布団がふわふわして気持ちよいという人が多いです 最近見直されてきたのが古い布団の再生です 昔からふとんの打ち返しと呼ばれていたものです、綿100%の布団の場合数年間使用するとどうしても布団の弾力がなくなります、又布団の側なども汚れてきますので打ち返しをして新しい布団に仕立て直しします、資源を無駄にしないと、年配の方を中心に根強い人気があります。

寝具 羊毛布団は

寝具に使われる素材に羊毛があります 羊毛を使った布団は羽毛に比べても負けないくらい機能性に優れています 羊毛はウールの繊維の中に空気や水分を取り込み繊維の表面はさらっとしています、夜睡眠中にでる汗の水分も繊維の中に取り込んでいるため寝ていても快適なのですそしてウールのもうひとつ素晴らしい特徴は夜吸い込んだ水分を太陽に寝具を乾さなくとも自然に放出してしまうことです羽毛以上の天然のエアコンといわれるところです
ただ、こんなに素晴らしい機能を持つ羊毛ですが、繊維に圧力を加えられると固まってしまう弱点があります羊毛を敷き布団に使用しますとフェルト化するといって布団表面の部分がざらざらした状態になりだんだん圧縮されてしまいます。このため羊毛にポリエステルの綿を混ぜたり敷き布団を三層構造に作り羊毛素材の特徴と機能を失くさない寝具作りになっています 羊毛は掛け布団は全然問題ないので羊毛の素材を100%活用した冬暖かく夏涼しく快適な寝具につくられてるのです

寝具 羽毛布団

近年寝具は、布団の中に入れる綿は羽毛素材や羊毛素材が主流です、羽毛の一番優れているところは軽くて暖かいという事でしょう。主に北欧や中国など寒冷地に棲息する水鳥が原料ですから保温性が良く主に使われる掛け布団で中味が1,2キロから1.4キロの重さですから使用してもホントに軽いことが実感できます、又羽毛は保温性があるということは熱伝導が低いわけで冬は外気の冷たい温度から守り、逆に夏場は外の暑い気温から体を守ってくれるわけで正に天然のエアコンといって良いでしょう、このよううに寝具でも掛け布団に使用した時の羽毛は素晴らしいのですが敷き布団にはあまり向いているとはいえません、保温性に優れた羽毛も敷き布団にしようした場合人間の体重を加えると直ぐへたり敷き布団ととしては非常に不快になるでしょう、やはり羽毛を素材に布団にする場合は掛け布団にするのが良いでしょう。 

寝具かうなら

よい眠りはよい寝具からという言葉がありますが良い寝具はどう選んだら良いのでしょうか寝疲れしないマットや枕はどこで買いますか

寝具でも最近は、ラルフローレン・バーバリー・セリーヌなどの素敵なブランドもあります羽毛などの高級寝具は西川の寝具がお買い得でしょう!

寝具の購入はこれまでは専門店が主流でしたが近年はデパートや通販で購入する人が多いようです

NASAの技術を生かした電気いらずでポカポカ暖かいスペース暖シートは100万枚も売れた大ヒットのハイテク毛布です
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。